アトリエレトノ アトリエレトノ

アトリエレトノ

blog

2016.4.17

窓について考える時、以前に行った八雲茶

寮の組み子の窓をいつも思い出します。

窓の組み子を通して見た外の景色が印象的

でとても美しく感じたからです。

最近の住宅は、窓の組み子をなくし窓枠を

細くし、ガラスだけが存在するような窓を

沢山見かけます。

室内から見える外の景色は何も境目がなく

クリアに見えますが、それでは自然との一

体感は得られません。

なぜなら、そこには窓を開け放つという行

為を伴わないからです。

住宅には安心感や内包感が成り立つ上での

開放感があることが大切だと考えています。

窓を閉めている時は、窓枠が室内の雰囲気

と馴染み外部から守られているような安心

感と内包感を感じさせるディテールが良い

と思います。

DPP_0283

人は、その感覚が満たされることで初めて

次に開放感を求め、窓を開け放つという行

為つまり自然と繋がりたいという行為に及

びます。

開け放った瞬間に外からやってくる光や風

匂い、湿度、鳥のさえずりなど心地よさを

知っているからなのです。

6H5A6524

自然との繋がりを求め、組み子をなくし窓

枠を細くしガラスだけが存在するような窓

を使うようになってきましたが、その存在

感をなくし、透明に近づけば近づくほど求

めたほどの自然との繋がりや一体感は得ら

れていないのではないかと考えています。