コンセプト

まえがき

人はいつも潜在的に自然を求め、繋がりたいと願っているのではないかと私は考えています。だからこそ、身の回りに観葉植物を置いたり、花を活けたり、山や森に出かけては自然に触れ、その息吹を感じたいと思うのではないでしょうか。それは、ひとえに私たちが自然によって癒され心が安らぐことを求めているほかなりません。現代を生きる私たちの身の回りにはモノやコトがあふれています。そのため、潜在的な欲求を自覚することがむずかしくなっていると思います。今ほどモノやコトが多くなかった時代、人は自然と共に暮らし、今よりもずっと深く自然と繋がっていました。月を愛でることで静けさを感じ、時の移ろいに想いを馳せ、四季の些細な変化に気づいては、それを楽しみに変えてきました。
アトリエレトノの考える居心地の良さとは、自然との関わりの中で得られるものであり、自然と共にあると考えています。そんな空間には癒しや優しさが存在し、落ち着きと安らぎを与え、心を開放してくれます。そして何よりも明日への活力を生み出させてくれます。私たち人は、住まいにこの感覚を本能的に求めているのではないでしょうか。

Foreword

I believe that people always look for nature potentially and desire to connect with it. That is why perhaps we have indoor house plants, arrange flowers, or go to the mountain and feel the nature. We merely want to have peace of mind by the nature. I think it is difficult to realize potential wants since we are surrounded by stuff and things nowadays. In the days with few stuff and things, people used to live with nature and connect with it more deeply than now. They felt the silence by loving moon and enjoyed small changes of four seasons.
We can obtain coziness in the relationship with nature and the coziness is along with the nature. Such a space has healing and warmth, gives us calmness and peace, and opens our mind. Moreover, it produces energy for tomorrow. I believe that we instinctively look for such feeling in our house.

1.自然に包まれる感覚

木々の揺らめきや光の陰影、風が運ぶ湿り気や匂いなど。自然がいつもそばにある空間は、肌を通して体全体を優しく包み込み、まるで自然に包まれるような感覚にしてくれます。人間も自然の一部であることを改めて私たちに感じさせでくれます。

1.Sense of being embraced by nature

Swaying trees, shadow of light, moistness and smell by wind, etc…The space together with nature embraces the whole body gently. It is like the sense of being embraced by nature. We feel again we are a part of nature for the first time.

2.普遍性

住宅において、理想の空間を実現するための解決方法は幾通りもあり、またそれは設計者によっても十人十色です。私は問題を素直に捉え、明快な解決方法を選択するようにしています。その中に普遍的な美しさが存在すると思っているからです。そのために全体の空間構成や佇まい、ディテール、その他の様々な問題を客観的に俯瞰してみる必要があると考えます。

2.Universality

There are several ways of realizing our ideal space in our house and the ways are different depending on the designers. I try to see any problem obediently and select lucid solution, for I believe that universal beauty exists in the solution. We need to see the whole space constriction, the details, and other different problems, from a higher perspective.

3.心地いい窓際

窓際は、住宅において外と繋がる唯一の部分です。防犯や熱の損失に配慮すると共に、自然との繋がり方の質を上げることで心地のいい場所にすることができると考えています。例えば、庭の緑と繋がる窓辺にアルミサッシのような無機質な素材を置くのは違和感を覚えます。やはり窓辺には、木サッシを入れたいものです。木サッシという自然素材の持つ雰囲気が緑と調和し、内外を緩やかに繋げてくれます。大きさや開閉に自由度があるのも木サッシの良い所です。このような窓際は人の心を惹きつけ、外に目を向けさせてくれるでしょう。そして、住まう人に小さな気付きをもたらしてくれます。

3.Comfortable window

Window is the only part in house, which connects with outside. It can be comfortable place not only by considering security and heat loss, but also by enhancing the quality of the way of connecting with nature. For example, I feel something wrong with using inorganic materials such as aluminum sash by the window that connects with green garden. After all, I would like to adopt wooden sash in the window. The atmosphere of natural materials like wooden sash is in harmony with the green and connects inside with outside gently. The flexibility of size and of opening and shutting is also a good point about wooden sash. Such window should fascinate inhabitants' heart, make them look outside, and bring them small discovery.

4.自然素材が放つ雰囲気

室内の仕上げには、できるだけ自然素材を使用します。木材、漆喰、和紙といった自然素材は、温度、湿度を調整する効果があり、何より肌ざわりや見た目が優しく人を安心させ癒してくれるからです。また、自然素材が醸し出す本物の雰囲気は時間が経つにつれて深みを増し、経年変化による美しさと上質感を空間にもたらしてくれます。

4.Atmosphere of natural materials

We use natural materials as much as possible for interior finishing. The natural materials such as wood, plaster, and Japanese paper are effective in regulating temperature and humidity. And, above all, the texture and appearance relieve and heal us gently. The real atmosphere created by the natural materials has depth over time, brings beauty by aging to the space, and looks high-class.

5.心理的な距離感

私は経験の中で得た「自分の心地良いと思う寸法」を採用するようにしています。空間同士を繋げて一体化させるコートハウスでは、幅や奥行き、高さは心理的な距離に影響を与えるため慎重に決定します。心理的な距離感とは、人がどこまでを自分の領域と感じ、心地良いと思えるかという心の距離感です。窓際の寸法の決め方も同様です。例えば窓際にベンチを作り中間領域の奥行を出すことで、心地良さが生まれます。そして、人はそのような窓際に自然と引き寄せられます。自分が心地良いと思える空間の寸法には様々な要因が関係するため単純には決められませんが、経験と感覚を拠り所にして求めていかなければならないと思っています。

5.Psychological distance

I try to adopt "my comfortable dimensions" from my experience. In the case of Court House, which connects spaces and unifies them, I carefully decide width, depth, and height since they affect psychological distance. The psychological distance is their own territory that people feel comfortable. The way of deciding window dimensions is the same. For example, we will feel comfortable by placing a bench at the space under the eaves by the window (veranda) and by creating the intermediate space. We will be drawn towards such window naturally. Although it is difficult to decide our comfortable spatial dimensions simply since they relate to different factors, we have to look for them relying on our experience and senses.

あとがき

設計者にとって機能性、素材選定、温熱環境などの充実を追求していくことはとても大切なことです。しかし私は、それ以外に本当に設計者がやらなければならないことは何かを模索しています。日々の暮らしの小さな「気づき」を楽しみに変えられる感性を育むこと。例えば、昨日までつぼみだった花が、今日咲いていることに喜びを感じられること、月を愛でること。
「住まう人の感じる力を高め、感性豊かに過ごすことで人生の幸福度、満足度を高めていく」そんな住宅を私はめざしています。

Afterword

It is important for designers to pursue the enrichment of functionality, materials selection, thermal environment, etc. However, I always seek what the designers really have to do other than those above. I aim for a house that enhances feeling power of the inhabitants and that enhances happiness and satisfaction of their life. The feeling power is such as refining the tastes of changing your daily small discovery to pleasure: feeling pleasure in the bud until yesterday blooming today, and in loving moon.