ブログ

「建築が人にはたらきかけること」藤森照信著

以前ブログで紹介した建築家、藤森氏の半生や独自の建築、文明観が書かれた本が出版されました。本の題名は「建築が人にはたらきかけること」内容は、建築を生む力は神様が言葉のような実用を超えたところにある。村の信仰に守られた少年時代から今日まで。建築界の快人・藤森照信はいかにして成ったか、が書かれています。藤森氏は長野県の茅野市生まれ、この地は御柱祭りで有名な諏訪大社があります。全国諏訪神社総本社であり国内にあるもっとも古い神社の一つとされています。諏訪大社の特徴は、本殿と言われる建物がありません。代りに秋宮は一位の木を春宮は杉の木をご神木とし、上社は御山を御神体として拝しています。日本人が古くから行ってきた自然崇拝が、この地では今も根付いています。この地で育った藤森氏にとって、この環境が大きく建築の考え方の根底に影響を及ぼしています。本を読み進めると、以前訪れた神長宮守矢資料館のことが書かれていて、とても興味深い内容でした。藤森氏は守矢家が持っている貴重な古文書を収蔵する為の建物を、茅野市から相談を受けて計画が始まります。「この土地の歴史や風土をよく理解してつくらなければ神様に失礼にあたる。山の裾に広がる故郷の景色の中にモダニズム建築が建っているさまを見たくない。どう考えればいいかわかりませんでした。伝統的な民家は基本的にはやりたくない。民家の形式もそんなに古いものではないからです。でも最初は民家っぽいものを考えていました。」(本より一部抜粋)この土地の歴史や風土とは何かを調べていくと、諏訪は縄文文化の中心地でもありました。また神長宮守矢資料館に展示してある鹿の首などは、御頭祭によって捧げられたもので、この祭りは旧約聖書の中に類似点があり深い関係が垣間見れます。まさにこの地は自然を神とし、神と共に生きてきた歴史があることが分かります。この地には、精霊のようなエネルギー体であふれています。藤森氏は縄文人が見ていたであろう原風景を理解、分解、再構築し、ご神体である守屋山の精霊に応えるように設計をされたのではないかと思います。この本にはタンポポハウスなどその他多くの建築についても書かれており、この本を通じて藤森氏の建築になぜ私が惹かれるのかが、わかったような気がしました。

 

宇宙観

スリランカの建築は、自然との一体感を感じられるものが数多くあります。世界には自然との調和を考えた建築が沢山ありますが、スリランカの建築には、単純な癒しや感傷に浸るだけではない、何か深淵なるものを感じます。それは、スリランカという国のベースにある伝統医学(アーユルヴェーダ)の考える宇宙観が、建築に反映されていからではないかと考えています。スリランカで盛んなアーユルヴェーダとは心、体、行動や環境を含めた全体としての調和が、健康にとって重要とみる伝統医学のことです。そして医学のみならず、生活の知恵、生命科学、哲学の概念も含んでおり、病気の治療と予防だけでなく、より善い人生を目指すものであるとも言われ、健康の維持・増進や若返り、さらには幸福な人生、不幸な人生とは何かまで追求しています。
今から迎える宇宙時代にとっては、アーユルヴェーダのような伝統的な宇宙観がとても大切だと感じています。そして私が興味を持っている宇宙学(宇宙空間すなわち地球の大気圏外の空間領域を研究する学問の総称)は、地球の大気圏外に出ることで物理法則から外れて行き、意識の拡大が起こり次元を超えて行きます。高次になればなるほど大気圏内で感じられた五感を超えて六感、七感と言われるエネルギー領域に入っていきます。そこにはアーユルヴェーダの宇宙観と、宇宙学との共通点を沢山見出すことが出来ます。私は今まで過去の経験や、様々な建物を見た経験から居心地の良さとは何なのか、人にとって良いと思える普遍的な空間とはどのようなものなのか、ということを考えてきました。 しかしこれからは、今までのような大気圏内にある五感を通しての思考で物事を捉えるのではなく、大気圏外にある五感以降のエネルギー体を感じ取ることが出来る領域(ハート)を使うことで新しい建築の可能性が広がるのではないかと考えています。

 

CAFÉ KITSUNÉ

フランスのファッションブランド「Maison Kitsuné(メゾンキツネ)」が手掛けるカフェ「CAFÉ KITSUNÉ(カフェキツネ)」青山店が、昨年末にオープンしました。格子状の天井や伝統的なデザインの建具、竹、畳、土壁など、日本古来より使用されてきた温かみのある素材をベースに、モダンな照明器具や大理石などを加えることで日本的な雰囲気ながらもモダンな空間となっていました。窓辺には距離感の近い竹があり緑を近くに感じられました。そして、音楽やインテリアなどが加わることで洗練された印象を持ちました。店舗だからこそ必要になってくる音楽やインテリアや使用される食器などが、人の持つ気持ちを高めてくれることを改めて感じました。

 

長者ヶ原遺跡

糸魚川市にある長者ケ原遺跡は、東京ドーム約3個分、13.6ヘクタールもの面積を持つ国の文化遺産です。長者ヶ原遺跡の中央に広がる縄文時代中期(5,000~3,500年前)の大きな集落跡は、ヒスイの玉や蛇紋岩の石斧の生産・交易拠点としても知られています。遺跡公園には、竪穴住居や太い柱が用いられた八畳ほどの掘立柱建物などが復元されています。原始的な建物にも関わらず文明的な社会を経験している私たちが、それらを見て美しいと感じるのは、そこに何かしらの次元を超えた精神性や霊性を感じるからなのでしょう。民俗学的な見解では、「柱」とは、天と地を繋ぎ神が降りてくるという意味を持つと言われています。掘立柱建物で見た太い柱はとても意味のあるもので、縄文人は常に生活の中心に神や自然や宇宙との繋がりをおいていたことが分かります。このように理想的な生き方を文明社会で生きている私たちがすることで、今までの文明と自然との分離ではなく、統合された一元の世界に戻ることが出来ると思いました。

 

とらや・赤坂店

「とらや・赤坂店」は、扇形の敷地に合わせ設計された為、扇形の独特の形をした建物です。赤坂見附駅から徒歩約7分、目の前には赤坂御用地があり、緑を望める豊かな場所に建てられています。この建物を設計されたのは「とらや・ 東京ミッドタウン店」「とらや・京都一条店」等を手掛けた建築家の内藤廣氏です。内藤廣氏は「簡素にして高雅」を念頭に置いて設計をされたとのことです。階段、天井、壁にふんだんに使われた檜、黒漆喰、格子などが日本の美を感じさせてくれます。 地下1階、地上3階建ての建物で地下1階には、和菓子や日本文化を発信する為のギャラリー・イベントスペースとなっています。2階は和菓子の売り場となっていて3階には、菓子製造場「御用場」とカフェ「虎屋菓寮」が併設しています。 テラス席で酒饅頭を頂きましたが、酒の独特の風味と上質なしっかりとした甘さがありながらも、後味がすっきりとしていてとても美味しかったです。

 

明治神宮ミュージアム

明治神宮の南参道に明治天皇と昭憲皇太后のゆかりの品々を展示する、明治神宮ミュージアムが10月26日に開館しました。設計を手掛けたのは、世界的に有名な建築家の隈研吾氏です。日本の伝統的な数寄屋とモダンを合わ持った雰囲気で、建物全体が低く抑えられていて緑の景観によく溶け込んでいました。
開口部のL字型、ハイサイドの設け方、2Fのはね出し方や開口などで緑を三次元的に捉え、その存在を立体的に浮かび上がらせ際立たせていました。そして、その効果によって緑をより近くに感じることを体感できました。 これまでに私が緑との一体感を得るために考えてきた手法とは異なる手法が、発見できとても貴重な経験となりました。

 

ロイズ・アンティークス青山

ロイズ・アンティークスは、東京のアンティークショップの中でも老舗的な存在です。1988年オープンして以来、全国に8店舗あります。伝統的な英国アンティーク家具を中心に様々な時代のものが置いてあります。重厚でありデコレイティブなマホガニー家具や合板や金属素材を用いたデザイン性の高いアイテム、ニーズに合わせたオーダーメイド可能な家具まで幅広く扱っています。
現在、設計している住宅に合う家具をいくつか見つけてきました。伝統的な英国の家具と和モダンな雰囲気の住宅にどのようなマッチしていくのかとても楽しみです。

 

中間領域

先日、「建築知識」という建築専門誌の取材を受け、中間領域についてお話しをさせて頂きました。取材者の方から全国の建築家の方々の中間領域に対する考え方や設計方法を聞くこともできて、とても参考になりました。広く自然が豊かな敷地と街中の狭い敷地とでは、全く異なる作り方をしなければならないこと。その為には、縁側、軒、土間、大屋根、分棟、螺旋など様々な組み合わせを考えなければならないことなど気付きがありました。
取材の最後に一枚の写真を見て頂きました。以前私が設計したフレーム効果を利用し、格子や土間との組み合わせによって、外を内に呼び込むと考えた住宅の写真です。取材者の方から、「子供の頃に手で双眼鏡をつくり遠くを眺めたことをやりましたが、あれと同じ効果ですか?」と聞かれました。そういえば私も小学生の頃によくやっていたことを思い出し懐かしく思いました。とても有意義な時間を過ごせました。

 

螺旋、幾何学

私は、アンモナイトを探すのが好きで以前ブログで紹介しました。アンモナイトの化石は世紀を超えて現代に存在し、そのままの姿で見えることに感動を覚えます。それと同時にこの螺旋状の形がとても魅力的です。私たちが存在する太陽系のある天の川銀河は渦巻形ですし、また旧約聖書の創世記の中に登場するバベルの塔も螺旋状です。物語の始まりはいつも螺旋から始まっているような気がします。一方現代においては、私たちの身近なところにも様々な螺旋状が見られます。例えば、人のDNAは二重螺旋構造、耳の中にも小さな螺旋状の器官があります。その他象の牙や鹿の角、 貝殻、オウムガイ、松ぼっくりなどフィボナッチ数列や対数螺旋がみられ、建築においては京都の薬師寺が有名です。これらが人を魅了するのは、潜在意識の中にある人種、性別、過去世を超越した何か共通な意識があるのだろうと思いました。そこを深く考察していくと自然界に存在する動植物や物質は、すべて幾何学的な法則に則り創られていることが分かりました。そして「意識」もそうです。そうすると私たちの身の回りには、幾何学しか存在しないことになります。幾何学をさらに探求していくと、私たちは幾何学的エネルギーフィールドの中に存在しています。その幾何学的エネルギーフィールドを活性化させるきっかけを与えることが、建築の役割であり、その活性化された幾何学的エネルギーフィールドにおいては、心の調和がもたらされることでしょう。

 

谷村美術館

谷村美術館は、私が高校二年生の時にモノクロの写真を見て衝撃を受けた建築物です。1983年に開館、設計は建築界の巨匠、村野藤吾氏最晩年の作品で、日本最高峰の木彫芸術家、澤田政廣氏の仏像「金剛王菩薩」「光明佛身」「彌勒菩薩」等10点を展示した美術館です。当時、私の身の回りにある建築物とは全く異なる様相をしていたことに驚きました。そして建築や建築史を学ぶにつれて、それが建築物の原点であることを知りました。谷村美術館は、荒涼とした砂漠の中の遺跡のイメージで設計されていて内部空間は、光の取り入れ方を工夫し洞窟のようなイメージで作られていました。私たちは、XYZ軸という三次元的(床壁天井)な分離された建築物に慣れ過ぎてしまっているので、この建築物のようなそれぞれの境界が消された空間を見ると、何となく物理次元の法則を超えたものを感じ、心が高まります。建築物は一般的に大きな開口を設けて開放感を得たり、壁の量や天井の高さを調整して内包感を感じさせていますが、この建築物はこのように、今までの建築物で語られてきた開放感や内包感とは全く違う次元にあり、壮大な広がりを感じられずにはいられません。この建築物は、意図的に意識の拡大を導く為に作られているように感じました。実際にこの建築物の中にいると、優しく包まれた感覚を持ちえながらも宇宙的膨張を感じる不思議な体験をしました。