ブログ

ヨハネス・フェルメール

わたしはヨハネス・フェルメールの

絵がとても好きです。

その好きなフェルメールが、

現在富山市民プラザで観られるということで

早速行ってきました。

特に「手紙を読む青衣の女」が好きです。

500px-Vermeer,_Johannes_-_Woman_reading_a_letter_-_ca__1662-1663

この絵の美しい窓辺に魅了されてしまいます。

窓辺に劇的な光が差し込むのではなく、

天井や壁に拡散した光は、

淡い霞のようで輪郭を持たず

身体で感じる感覚的な豊かさがあり

とても幻想的です。

そして、その光とともにできる

暗がりは空間に静けさを与えてくれます。

わたしはいつも”詩的な窓辺”を

つくりたいと思っています。

窓から見える情景や光が

心を動かし沢山の気付きがある

そんな窓辺です。

美しい光を目指すことは

美しい窓辺をつくることです。

美しい建築とは、

美しい窓辺によって

成り立っていると思います。

設計をしていて

迷いが生じた時は

”詩的”かどうかということが

わたしにとって大切な道標

となってくれます。

よかったら皆様もお出掛け下さい。

 

「フェルメール光の王国展」

http://www.siminplaza.co.jp/?tid=101328