ブログ

建築はほほえむ

建築家、永田昌民氏が雑誌で紹介されていた

「建築はほほえむ」(著者松山巌氏)は

とても素敵な本です。

建築の本と言うと専門的な難しい知識や

技術について書かれているものが多いです。

しかし、この本は違います。

建築を志す人たちが読むだけではなく

__ 3

この本は、誰が読んでも分かり易くて

文章もシンプルで難しいことは

書かれていませんが

建築の本質を垣間見る事ができます。

「あなたが好きだなと感じる場所を考えてみよう」

「あなたが気持ちのよいと感じる場所を考えてみよう」

そんな問いから始まります。

__ 2

建築に興味がない方にもおすすめです。

この本は初心を思い出させてくれる

とてもとても大切な一冊です。