ブログ

軽井沢山荘(脇田邸)

軽井沢にある脇田邸は、巨匠吉村順三氏が

手掛けた住宅です。

年に一度だけ見学できる機会があります。

脇田邸は、一階部分を鉄筋コンクリート造

でつくりその上に木造の住宅をのせていま

す。

IMG_0053

この方法は、軽井沢の気候風土を考慮し雪

や湿気から建物を守る為ですがただ、それ

だけではありません。

二階にリビングを上げたことで一階では得

られない開放感と空や緑といった自然との

一体感をより強く感じることができます。

また、一階部分は薪をストックするスペー

スにもなり、またBBQも楽しむことがで

きます。

IMG_0078

内部の素材や外観など素晴らしく意匠的な

ことに目を奪われがちですが、吉村氏は温

熱環境に対しても様々な工夫を施していま

す。

冷たい空気をサッシの鴨居の溝から吸い込

み、それを一階のボイラーで暖め床下の隙

間に流し床暖房を行います。

また、作り付けのソファーの背後からも暖

かい空気が吹きでる仕組みになっています。

IMG_0080

そして、リビングには美しい暖炉があり空

気の流れを考えたつくりです。

この写真を見るたびに地域ごとの気候風土

に考慮した設計をしなければならないと考

えさせてくれます。

降水量が多く雪が降る湿度の高い富山県。

外観のフォルム、軒の出、温熱環境、窓辺

など考え設計し、決して流行やその時の思

いつきで設計をしてはいけないのだと語り

かけてくれている気がします。